【口コミ】赤ちゃん連れにおすすめのホテル「ザ・ビーチタワー沖縄」をブログにレポート!

育児

 

こんにちは。あきろぺです。

先日8ヶ月の娘を連れて行った沖縄旅行で泊まったホテル「ザ・ビーチタワー沖縄」が、あまりに快適で夫婦揃って感動!!

赤ちゃん連れには絶対に利用してほしい!というホテルだったので紹介します♪

 

 

ザ・ビーチタワー沖縄のお部屋は?

ザ・ビーチタワー沖縄には様々なタイプの部屋がありますが、私たちが利用したのは「ファミリースイート」というお部屋。

赤ちゃん連れにぴったりということでこの部屋を予約しました。

 

入口を入るとまずはリビングスペース。

白いソファは大きめで、子供が一緒でもゆったり座ることができます。

カバーはいい意味で綺麗すぎず、笑

汚してしまったらどうしようという心配もなく安心してくつろげました。

 

ソファの奥にあるのが「ファミリースイート」の特徴である畳のスペース。

ここがハイハイの赤ちゃんがいる我が家にはぴったりでした!

旅行中はどうしてもチャイルドシートや抱っこ紐ばかりになってしまうので、動き回れるスペースがあるのは娘のためにも良かったです。

ソファとの境目は棚になっていて、ウェットティッシュやオムツを常に置いておけたのも便利でした。

 

また奥の扉の中にはお布団が入っています。

ベッドもありますが、ここにお布団を敷いてもいいですよ〜と言われました。

我が家は利用しませんでしたが、ベッドだと落下の危険がある場合には助かりますよね。

 

畳スペースの隣がベッドスペース。

ありがたいのが、「ハリウッドツイン仕様」というもの!

シングルのベッド2台をくっつけてセッティングしてもらえて、添い寝がしやすくなるのです。

事前にお願いしておく必要があるので、忘れずにお電話を。

 

 

また、室内には電子レンジとポット、小さな水道があります。

(ソファの正面にテレビがあり、その横)

ミルクや離乳食が必要な子供にとっては必需品!

滞在中フル活用でした。

 

ベッドスペース横のクローゼット。

かなり大きいので、荷物を部屋の中に散らかさずに済みました。

 

洗面台。

小さな子用の踏み台も用意されていました。

奥の白いカゴにパジャマタイプの室内着が入っています。

 

浴室。

広々としていて綺麗でしたが、お湯の温度の調整が難しかったです…。

 

 

また、お子様を先に寝かせた場合に気になるのが電気と音だと思います。

 

電気については、リビング・畳・ベッドの3つに分かれており、それぞれで消灯が可能です。

ただ、スペース間に仕切りがないので、真っ暗にはできません。

 

音については、洗面台の入口の扉が引き戸のため、かなり音が漏れます。

しかしベッドスペースとの間には壁があるせいか、ベッドで寝ている娘は気にならないようでした。

 

 

赤ちゃん連れにおすすめな5つの理由

オムツなどの消耗品がもらえる「らくらくマミーパック」!

キッズサービスとして、1泊につき「オムツ5枚・おしりふき1つ・粉ミルク400ml・ベビーフードorおやつorドリンク」がプレゼントしてもらえます。(おしりふきは滞在中1つ)

持っていく荷物を減らせるので本当にありがたいサービスです。

 

しかも…オムツやミルクは主要メーカーが全て揃えてあるのです!

いつも使っているものが使えるのは安心ですよね。

複数種類をもらうのも可能なようです。

 

ベビーフードは和光堂の栄養マルシェが各月齢3種類くらい、おやつは和光堂のすまいるポケットシリーズが3種類くらい、ドリンクはピジョンの赤ちゃん用麦茶とイオンドリンクがありました。

 

チェックイン時に日数分の引換券をもらえるので、一度に交換してもいいですし、都度様子を見ながら交換することもできます。

 

ベビーカーや食器などのグッズがレンタルできる!

大型用品では、ベビーカー・ベビーベッド・ベッドガードがレンタルできます

ベビーカーはもちろんお出掛けにも持っていけるので、自宅から飛行機に乗って持っていくのは大変だけど、観光中は使いたい…という方にもバッチリ。

ベビーベッド・ベビーガードはいつも自宅で使っている方は同じ環境が用意できていいですよね。

 

小物類では、ベビーソープ・シャンプーハット・食器・踏み台・便座がレンタルできます

自宅から持っていく必要がなくなるので、ただでさえ大荷物になりがちな赤ちゃん連れ旅行にはとっても助かります。

 

いずれも事前予約制なので、宿泊が決まったら早めにご予約を。

 

ホテル内に楽しめる仕掛けがいっぱい!

ホテル内はあちこちに子供が楽しめる工夫がされています

入口には沖縄ならではのお魚がいる水槽。

ロビーにはレンタル絵本があり、中央にある木にはフクロウが来てくれる時間も。

レストランへの通り道にはリスザル・陸ガメがいて、いつも子供が楽しそうに集まっていました。

またプール・温泉施設が隣接しており、宿泊中は何度でも利用可能

ホテル内で遊べると、天気や体調によってホテル滞在が長くなった時も安心です。

 

キッズバイキング・離乳食がある!

レストラン「チュラティーダ」はバイキング会場で、朝食・ランチ・夕食が食べられます。

そのバイキングにはキッズバイキングがあり、お粥・野菜の煮物といった離乳食も!

旅行中はレトルトの離乳食が多くなりがちなので、手作りのものが食べられるのは嬉しいですね。

 

またレストラン内はベビーチェアの他、ハイローチェアも用意があるので、まだお座りができない赤ちゃんでも一緒に過ごすことができます。

ベビーチェアもハイローチェアもかなりの数が用意されていて、全部出払ってる〜!なんてこともありません。

 

お値段は3歳未満は無料。

6歳未満の幼児も宿泊の場合は朝食昼食は無料です。

 

とにかく子供連れが多い!

レストランはもちろん、ロビーでもエレベーターでも、とにかく子供に遭遇します。

もうこれは多くを語らなくとも、子供連れの方であればこの心強さわかって頂けますよね…!

 

 

ザ・ビーチタワー沖縄のマイナスポイント

リゾート感はない

アメリカンビレッジ内にあるということもあり、オーシャンビュー!目の前が海!という感じではありません

我が家が泊まったのはシティビューのお部屋だったのですが、観覧車があって夜景がとても綺麗でした!

 

全体的に少し古い

外観・お部屋の設備など、全体的に古さがあります

でも、掃除が行き届いているので不快に感じることはありませんでした。

 

 

まとめ

ザ・ビーチタワー沖縄は、例えるならフードコートのようなホテルです。

落ち着いた雰囲気やゆっくり食事を楽しむようなカップルにはオススメできませんが、家族でワイワイ過ごすにはぴったり!

スタッフさんも赤ちゃんに慣れているし、グズっても冷たい視線を向けられることはありません。

 

子供連れの旅行は心配や不安も多く、またどれだけ準備していても予想外のことが起きます。

そんな時に拠点となるホテルが安心できる場所だと心強いですよね。

 

ザ・ビーチタワー沖縄はそんな心強いホテルになってくれること間違いなし!

赤ちゃん連れに自信をもってオススメできるホテルです

みなさんの旅行が楽しいものになりますように♡

 

ホテル概要

ザ・ビーチタワー沖縄

ザ・ビーチタワー沖縄は、沖縄本島の中部に位置し、那覇空港からは車で約40分。

アメリカンビレッジの中にある白と茶色の高い建物がザ・ビーチタワー沖縄です。

 

コメント