100均でおしゃれに手作り♡10ヶ月の赤ちゃんにぴったりの紐をひっぱる知育玩具

育児

 

こんにちは。あきろぺです。

 

子供のおもちゃって何を買うかすごく悩みますよね。

値段が高いものを買ってすぐに飽きられたら嫌だし、カラフルすぎるおもちゃだと部屋に散らかるのも気になる…。

 

ということで、我が家は100均グッズをフル活用しています。

 

今回は先日体験に行った幼児教室で「紐をつまんで引っ張る動作は手先が器用になって良い」と聞いたので、紐をひっぱるおもちゃを作ってみました。

見た目も可愛く、娘にもヒットしたので作り方を紹介します♪

 

用意する材料

かならず必要なもの

  • ひも(ダイソー)
  • 箱(ダイソー)

必ず用意が必要なのはこのふたつ。

ひもは家にある紙袋の紐を外して使ってもいいですね!

箱は家にあるものでも大丈夫ですが、ダイソーのこの箱はフタがマグネットになっていて簡単に外れないのでオススメです。

こんな感じになっていて、フタのバラの絵が書いてあるところにマグネットが入っています。

お好みで用意するもの

  • 違う種類のひも(ダイソー)
  • 飾り付け用シール(ダイソー)
  • マスキングテープ(mt)

ひもは2,3種類あるとカラフルになって楽しいです。

シールはダイソーで見つけて可愛くて衝動買いしてしまいました…。

マスキングテープは家にあったもの。包装紙でもいいかもしれないです。

 

用意する道具

  • カッター
  • ハサミ

最低限これがあれば大丈夫です!

もしかしたら他にあった方が楽な道具があるかもしれませんが、私はこの二つで乗り切りました。

 

作り方

①箱を好みの柄に変える

もちろんそのままでも大丈夫です!

私は白とシルバーのストライプにしたかったので、透けないように元々の柄を剥がして上からマスキングテープを貼りました。

剥がす作業が想像以上に面倒くさかったので、濃い柄にするとそのまま貼っても透けなくて楽だと思います…。

 

②ひもを出す穴を開ける

好きなところに好きな数だけひもの直径と同じくらいの穴を開けます。

私はフタ部分に5ヶ所、背部分に2ヶ所開けました。

ダイソーのひもは直径6mmなので、6mmくらいの穴です。

穴は大きさだけ気をつければガタガタでもOK!

ひもを通せば見えません。

 

箱が結構ボソボソする素材なので、気になる方はマニキュア等でコーティングするといいかもしれません。

(写真は特にコーティングしていません)

 

③好きな長さに切ったひもを必要数用意する

長さは長いものと短いものを用意すると楽しいです。

 

④穴にひもを通し、端を結ぶ

こんな感じです。

写真は片側しか写っていないですが、忘れずに反対側も結びましょう。

一つの穴に1本がスタンダードですが、二つの穴を1本のひもにして、輪っかのようにするのも良いですね。

私は背部分を輪っかにして、カバンの持ち手のようにしました。

 

⑤飾り付けをして完成!

お好みで飾りのシールを貼ったら完成です!

(背部分のひもは最初用意していなかったのですが、家にあった紙袋の取っ手を使ってみました)

 

おわりに

引っ張るとするする出てくるのが楽しいようで、作った甲斐がありました。

最初はうまくつまめなかったのが段々と上手になっていて、手先を動かす良い練習になっているなぁとも思います。

 

自分の好きな柄で作れるので、部屋に散らかっていても気にならないのも良いところ。

ぜひ作ってみてください♪

 

コメント