8ヶ月の赤ちゃん連れで行く沖縄旅行おすすめプラン

育児

 

こんにちは!あきろぺです。

 

先日8ヶ月の赤ちゃん連れで沖縄本島へ行ってきました。

行く前は不安もありましたが、終わってみれば大成功!

大満足な3泊4日になったので、旅行の内容をレポートします。

 

赤ちゃんの状況

 

8ヶ月といっても発達具合はそれぞれ。

参考までに我が家の娘の旅行当時の状況を書いておきます。

  • 月齢:8ヶ月後半
  • 授乳:1日4回 ミルク寄りの混合
  • 離乳食:2回食(モグモグ期)
  • おすわり:○
  • ズリバイ:○
  • ハイハイ:×
  • つかまり立ち:×
娘はこんな感じでしたが、ハイハイやつかまり立ちを始めている子も多い時期ですね。

ベビ連れ沖縄旅行プラン

1日目

タイムスケジュール

  • 6:00 空港行きバス乗車(授乳①バス車内
  • 7:30 羽田空港到着
  • 8:30 飛行機離陸(離乳食①機内)(授乳②着陸時
  • 11:30 那覇空港到着→レンタカーショップ
  • 12:30 レンタカーショップ出発
  • 13:00 国際通り散策・昼食(授乳③近隣施設の授乳室
  • 15:00 公設市場散策
  • 15:45 出発

〜約40分〜

  • 16:30 ホテルチェックイン(離乳食②部屋
  • 18:00 サンセットビーチ
  • 19:00 デポアイランドで夕食テイクアウト
  • 19:30 ホテル帰着(授乳④部屋

 

飛行機

我が家はあえて離乳食の時間を挟む便にしました。

おもちゃにも限界があるので、途中で飽きさせないためです。

ごはんが好きな子にはおすすめの作戦です!

 

離着陸時は耳抜きのために飲み物を飲ませるのが良いそうで、我が家は離陸時はお茶・着陸時はミルクを飲ませました。

ミルクはCAさんにお願いすると機内で調乳してもらえます。

国内線なら液体も持ち込めるので、水筒にお湯&ミネラルウォーターで自分で調乳するのもあり。

荷物にはなりますが、ベルト着用サイン点灯中や忙しそうな時でも必要なタイミングで作れるのはメリットです!

 

レンタカー

那覇空港からレンタカー屋さんまではレンタカー会社のバスで行くことがほとんど。

他のお客さんと相乗りになるので、空港から近いレンタカー屋さんを予約するのがおすすめです。

 

国際通り

国際通りは沖縄最大の繁華街。

お土産屋さんやごはん屋さんがびっしり並んでいます。

コインパーキングがあちこちにあるので、車はそこへ。

歩道は広く余裕がありますが、店内が狭いお店も多いので抱っこ紐がおすすめです。

国際通り

  • 公式HP:https://naha-kokusaidori.okinawa/
  • 観光案内所の住所:那覇市牧志3-2-10てんぶす那覇1階
  • 観光案内所のTEL:098-868-4887
  • 観光案内所に授乳室・オムツ替えシートあり
  • 観光案内所で荷物の預かり・ベビーカー貸出あり(いずれも有料)

 

おすすめの昼食!沖縄そばの名店「大東そば」

国際通りの大通りから1本入ったところにある沖縄そば屋さん。

座敷席もあるので娘もある程度自由に動け、ゆっくり食べられました。

やさしいお出汁が絶品です!

13:00で2組待ちだったので、ピーク時にはもう少し並ぶかもしれません。

大東そば

 

沖縄イラストのかわいいロンパースを買うなら「JAM MARKET」

ドンキホーテの近くにあるオレンジ色が目印の洋服屋さん。

沖縄らしいイラストのかわいいTシャツやロンパースがたくさんあります!

70サイズからたくさんのデザインがあって嬉しい♡

我が家は迷いに迷ってジンベエザメのロンパースにしました。

サイズは少し大きめかな?

JAM MARKET

  • 住所:沖縄県那覇市松尾2-8-9
  • TEL:098-867-0917
  • 営業時間:9:30~22:00
  • 定休日:無休
  • URL:http://www.jam-market.jp/

 

第一牧志公設市場

第一牧志公設市場は沖縄ならではのお魚やフルーツが買える市場。

国際通りとはドンキホーテ横にある「市場本通り」からつながっています。

市場本通りと公設市場は屋根があるので、雨の日でも安心!

第一牧志公設市場

  • 公式HP:https://kosetsu-ichiba.com/
  • 住所:沖縄県那覇市松尾2丁目
  • 営業時間:9:00〜20:00  ※店舗による
  • 定休日:第4日曜日  ※例外あり
  • オムツ替えシート:あり
  • 授乳室:なし

 

日陰で涼しく休憩!「ブルーシールアイス」

沖縄といえば!のブルーシールアイス。

あちこちに店舗がありますが、我が家は市場本通りのお店で休憩しました。

アーケードで直射日光が当たらないので、慣れない暑さにバテかけていた私には助かります。

一番好きなアイスは「塩ちんすこう」ですが、ここでは「紅いもタピオカシェイク」を飲みました。

 

宿泊ホテル ザ・ビーチタワー沖縄

今回泊まったホテルは沖縄中部の北谷にある「ザ・ビーチタワー沖縄」さん。

ファミリーに優しい!と評判のホテルで、宿泊中のオムツやミルクなどがもらえます。

本当に快適に過ごすことができたので、詳しいレビューは別記事に書きました♪

【口コミ】赤ちゃん連れにおすすめのホテル「ザ・ビーチタワー沖縄」をブログにレポート!
...

ザ・ビーチタワー沖縄

 

サンセットビーチ

ホテルから歩いてすぐのところにサンセットビーチがあります。

その名の通り、夕陽がとっても綺麗に見えるビーチ。

沖縄の日の入り時刻は少し遅いので要注意!

 

デポアイランド

デポアイランドは、アメリカンビレッジの中にある飲食店や雑貨屋さんが集まった商業施設です。

こちらもホテルから歩いてすぐ。

我が家は娘が20時には寝るのでイートインができず、テイクアウトにしました。

デポアイランド

  • 住所:沖縄県中頭郡北谷町字美浜9-1
  • TEL:098-926-3322
  • HP:https://www.depot-island.co.jp/
  • 営業時間:10:00〜21:00  ※店舗による
  • オムツ替えシート:あり
  • 授乳室:なし

 

 

2日目

タイムスケジュール

  • 6:00 起床
  • 6:30 ホテルの朝食(離乳食①レストラン)(授乳①部屋
  • 7:30 出発

〜 約1時間30分 〜

  • 9:00 美ら海水族館(授乳②水族館内
  • 12:00 水族館で昼食
  • 13:00 エメラルドビーチ(授乳③車内
  • 14:30 出発

〜 約15分 〜

  • 15:00 寄り道:おやつ「新垣ぜんざい」
  • 15:30 出発

〜 約1時間30分 〜

  • 17:00 ホテル帰着(離乳食②部屋)(授乳④部屋
  • 19:00 寝かしつけ&夕食買い出し

 

朝食

「ザ・ビーチタワー沖縄」の朝食バイキングには、お粥や野菜の煮物などの離乳食があり、宿泊の場合は幼児無料!

レトルトのベビーフードばかりにならなくて良いので嬉しいですね♡

 

沖縄美ら海水族館

言わずと知れた観光スポット。海洋博公園という大きな公園の中にある水族館です。

ベビーカーの貸し出しもあり、スロープも完備されているので安心。

ただ、人が多いとなかなか進めないので、抱っこ紐で前向き抱っこがおすすめです。

 

授乳室は数が少なくカーテンも簡易的なので、授乳は事前に済ませるかミルクにするのが良さそうです。

(入口近くにある授乳室はカーテンを開けられると外から見えそうでした…)

 

イルカショーは立ち見や入場制限になることもあるので、遅くとも開始時間の15分前には行っておくと良いと思います。

水族館からイルカショーのあるオキちゃん劇場までは少し歩くので要注意!

 

入場券はコンビニで割引価格で買えるので、事前に買っておくのがおすすめです。

 

沖縄美ら海水族館

  • 住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
  • TEL:0980-48-3748
  • HP:https://churaumi.okinawa/
  • 営業時間: 10〜2月/8:30〜18:30(入館締切 17:30)
  •   3〜9月 /8:30〜20:00(入館締切 19:00)
  • 休館日:12月の第一水曜日とその翌日(木曜日)
  • 入館料:大人 1850円 / 6才未満 無料
  • オムツ替えシート:あり
  • 授乳室:あり・給湯器あり

 

エメラルドビーチ

美ら海水族館と同じ海洋博公園の中にあるのがエメラルドビーチです。

「快水浴場百選」の一つに選ばれていて、真っ白な砂浜にエメラルドグリーンの海。

これぞ沖縄!な、とても綺麗なビーチです。

美ら海水族館からは歩いて10分程度(出口から)。

この時間は日差しが強く、赤ちゃん連れで泳ぐのは難しいと思い、少し足をつけて遊ぶ程度にしました。

エメラルドビーチ

  • HP:http://oki-park.jp/kaiyohaku/inst/75
  • 遊泳時間:4〜9月/8:30〜19:00 10月/8:30〜17:30
  • 無料シャワーあり
  • ビーチ用品レンタルあり(ベビー用ライフジャケットあり)
  • オムツ替えシート:あり
  • 授乳室:なし

 

寄り道:おやつ

時間もあるので少し寄り道。

 

60年以上続く南国のスイーツ「新垣ぜんざい」

沖縄で『ぜんざい』というと、金時豆のあんこの上にかき氷が乗ったもの。

「新垣ぜんざい」さんは、この氷ぜんざい一本で60年以上の歴史があるお店。

金時豆は甘いのに、不思議とさっぱり食べられて美味しいです♡

  • 駐車場は近くに専用駐車場があります。
  • 店内はテーブル席のみ。混雑していなければベビーカーでも大丈夫そうです。
  • テイクアウトも可能。

新垣ぜんざい

  • 住所:沖縄県国頭郡本部町字渡久地11-2
  • TEL:0980-47-4731
  • 営業時間:12:00~18:00(売り切れ次第終了)
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 食べログURL:https://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47000155/
  • 座敷席:なし
  • 授乳室・オムツ替えシート:なし

 

夕食

この日は私が寝かしつけしている間に夫に買い出しに行ってもらい、夕食をテイクアウトしてきてもらいました。

翌日の朝は朝食を食べに行く予定だったので、出発する前に食べるための軽食も購入。

 

 

3日目

タイムスケジュール

  • 6:00 起床(離乳食①部屋)(授乳①部屋
  • 7:00 出発

〜 約1時間30分 〜

  • 8:00 朝食「ハワイアンパンケーキハウス パニラニ」
  • 9:00 出発

〜 約1時間 〜

  • 10:00 古宇利オーシャンタワー(授乳②車内
  • 11:30 古宇利ビーチ
  • 12:00 出発

〜 約50分 〜

  • 13:00 昼食「A&W名護店」ドライブイン(授乳③車内
  • 13:30 出発

〜 約1時間 〜

  • 14:30 アメリカンビレッジ 観覧車
  • 15:00 ホテル帰着
  • 15:30 ホテル内プール「ちゅらーゆ」
  • 17:00 お部屋で休憩
  • 18:00 ホテルで夕食(離乳食②レストラン)(授乳④部屋

朝食

外観も店内もとにかくおしゃれ♡「ハワイアンパンケーキハウスパニラニ」
行ってみたかったパンケーキ屋さん!

おすすめの「フライドチキンパンケーキに目玉焼きトッピング」「ナッツナッツパンケーキにアイスクリームトッピング」の二つを頂きました。しょっぱい&甘いで無限に食べられます…。

店内はベビーチェアもあり、子供連れのお客さんも多くいました。

広さもあるのでベビーカーでの入店も大丈夫そうです。

行列は必至で、私たちが行った日も8時に到着して2組が待っていました。

開店の朝7時は予約ができるそうなので、心配な方は予約していくのが確実です!

ハワイアンパンケーキハウス パニラニ

  • 住所:沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣698
  • TEL:098-966-1154
  • 営業時間:7:00~17:00
  • 定休日:無休
  • 食べログURL:https://tabelog.com/okinawa/A4703/A470303/47011309/
  • 座敷席:なし(ベビーチェアあり)
  • 授乳室・オムツ替えシート:なし

 

古宇利オーシャンタワー

オーシャンタワーには展望台・シェルミュージアム・カフェ・お土産ショップがあります。

駐車場からタワーへは自動運転のカートで移動し、シェルミュージアムを通って展望台へ行く、という動線で、一部が階段になっているので、ベビーカーではなく抱っこ紐がおすすめです。

展望台の一番上には鐘があり、娘も上手に紐を振っていました♪

古宇利オーシャンタワー

  • 住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
  • TEL:0980-56-1616
  • HP:https://www.kouri-oceantower.com/
  • 営業時間:9:00〜18:00(入館締切 17:30)
  • 休館日:無休(悪天候時には臨時休業あり)
  • 入館料:大人 800円 / 小学生以下 無料

      ※カフェ・お土産ショップのみであれば無料で利用可能

  • オムツ替えシート:あり
  • 授乳室:なし
  • 貸し出しベビーカーあり

 

古宇利ビーチ

古宇利大橋のすぐ近くにあるのが古宇利ビーチです。

こちらもエメラルドビーチに負けない美しさ!

遠浅なので子供連れでも楽しめそうです。

私たちは午後にプールへ行く予定だったので、ここでは洋服のまま少し遊ぶ程度にしました。

注意点は人が多いこと。

私たちが行った時も、外国人観光客でごった返していました。

古宇利ビーチ

  • 遊泳時間:4〜9月/8:30〜19:00 10月/8:30〜17:30
  • シャワー有料
  • ビーチ用品レンタルあり
  • オムツ替えシート・授乳室:なし

 

この他にも古宇利島には嵐のCMで有名になった「ハート岩」のあるティーヌ浜があります。

1周が20分ほどの小さな島なので、行きたいところにすぐに行けるのがいいですね!

 

昼食

本当は沖縄そばで有名な「きしもと食堂」に行きたかったのですが…大行列だったため断念。

娘がチャイルドシートで寝ていたので、A&W名護店のドライブインを利用することにしました。

 

A&Wは沖縄といえば!のファストフードハンバーガーです。

ドライブインは駐車場に停めて車内から注文、店員さんが車まで商品を持ってきてくれて、車内で食べることができるというもの。

車内であれば子供が泣いても焦らなくていいですし、寝ていても起こさず利用できるのでとっても良かったです!

A&W 名護店

 

アメリカンビレッジ

夫が乗りたいと言ったので、急遽観覧車へ。

海や沖縄の街が見渡せて綺麗でした。

サンセットの時間だともっと素敵でしょうね♪

待ち時間はなく、1周15分程でした。

アメリカンビレッジ

  • 住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜15-69
  • TEL:098-926-5678
  • HP:https://www.okinawa-americanvillage.com/
  • 営業時間:11:00〜21:00 ※店舗による
  • オムツ替えシート:あり
  • 授乳室:なし

観覧車 SKYMAX60

 

ホテル併設プール「ちゅらーゆ」

ザ・ビーチタワー沖縄にはプール&温泉施設がついています。

これらが宿泊中は何度でも無料!

プールは水深80cmの浅瀬プール、水深110cmの多目的プール、温泉水のヒーリングプール(水深80cm)の3種類があります。

私たちは浅瀬プールで遊んだあと、ヒーリングプールで身体を暖めてから上がりました。

ホテルにプールがあれば雨の日でも楽しめますし、ヒーリングプールは温泉水なので冬でも入れるのがありがたいですね!

更衣室にはベビーベッドが用意されていて、赤ちゃんの着替えに利用できました。

自分の着替えをしながら赤ちゃんの着替えもするのは至難の技なので、安全に居てもらう場所があるのはとても助かります。

あとは何かあってもホテルの部屋も近くなので心強い!

Terme VILLA ちゅらーゆ

  • 住所:沖縄県中頭郡北谷町字美浜2
  • TEL:098-926-2611
  • HP:https://www.hotespa.net/spa/chula-u/
  • 営業時間:7:00〜23:00(最終入館22:00)/ 屋外施設 10:00〜22:00
  • 休館日:無休
  • オムツ替えシート:あり
  • 授乳室:なし

 

夕食

滞在中1回ホテル内レストランの夕食付きプランだったので、この日に利用しました。

BBQや他のレストランも選べましたが、朝食と同じくバイキングで離乳食もある「チュラティーダ」に。

 

 

4日目

タイムスケジュール

  • 6:00 起床
  • 6:30 朝食 (離乳食①レストラン)(授乳①部屋
  • 8:30 ホテルチェックアウト 出発

〜 約50分 〜

  • 9:30 道の駅 いとまん(授乳②車内
  • 10:00 出発

〜 約30分 〜

  • 10:30 レンタカー返却
  • 11:00 那覇空港到着・昼食
  • 12:50 飛行機離陸(授乳③機内
  • 15:30 羽田空港到着

 

道の駅 いとまん

道の駅いとまんは、お土産はもちろん、沖縄ならではの野菜やお魚を買うことができます。

さらに、買ったものをその場で食べることも!

開店は9:00からのところと9:30からのところがあるので要注意。

道の駅 いとまん

  • 住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1
  • TEL:098-987-1277
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 休館日:無休
  • オムツ替えシート:あり
  • 授乳室:なし

 

昼食

空港で食べられる絶品沖縄そば「天龍」

沖縄そばが大好きな私が沖縄の帰りに必ず行くのがこちらのお店。

沖縄そばにしては少し濃厚なスープが美味しいのです。

店内は狭いため、ベビーカー入店はできません。荷物を預けてからがおすすめです。

お昼時は並ぶので、余裕を持って空港に着いておくと良いと思います。

天龍

良かった点・反省点

良かった点

  1. ホテルが充実していた
  2. 行く場所の座席の様子や授乳環境を事前に調べておいた
  3. ベビーカーは持っていかず、抱っこ紐で行動した

 

今回の旅行が成功した理由の半分は1つ目にある、と言っても過言ではないように思います。

持っていく荷物も少なくて済みましたし、ホテル内やすぐ近くにたくさん楽しめる場所があり、移動しなくても遊ぶことができました。

何より、周りも子供連れが多かったので滞在中変に気を遣うことなくのんびりと過ごせました。

 

2つ目は、行く予定の場所は座敷があるのか・テーブル席のみなのか、授乳室はあるか・調乳用のお湯はあるか…

予め把握しておくことで、ここで授乳しておこう!などの判断がしやすかったです。

 

3つ目は、車移動メインということと、狭いお店が多い、エレベーターの有無がわからない、ということで、ベビーカーを持っていくのをやめたこと。

どこでもスムーズに移動ができて大正解でした。

子供がひとりであれば、抱っこしていない方が荷物も持てるし、沖縄旅行でベビーカーは不要かな、と思いました。

 

反省点

  1. 食事予定のお店が混んでいた場合の代替案がなかった
  2. 無駄な持ち物や忘れ物が多くなってしまった

 

大人だけであれば迷わず並ぶ私達ですが、娘を連れて行列→のちに食事、となると機嫌が悪くなる可能性大。

じゃあ違うお店に…と思った時に、近くで代替案があると良かったなぁと思いました。

 

2つ目は、とりあえずあったら便利そうなものを全て車には持って行っていたのですが、出歩くときに何が必要なのかがすぐに整理できませんでした。

そのため無駄に大荷物になってしまったり、大荷物なのに肝心なものがなかったり…

荷物チェックリストを作っておけば良かったなぁと思いました。

 

 

おわりに

 

私たちの初めての子供連れ沖縄旅行の紹介でした♪

バタバタした時もありましたが、想像以上に色々なことができて大満足で終わりました。

海外ほど遠くない・車でコンパクトに回れる・歩けなくても楽しめる場所が多い、の三拍子が揃った沖縄は、赤ちゃん連れ旅行デビューにぴったりの場所なんじゃないかと思います!

 

この旅行記が少しでも参考になっていれば幸いです♡

 

 

 

コメント